動画で見るビットコイン半減期ロケット打ち上げ失敗ww

世界中のビットコイナーが見守った半減期。私のデスクトップはこんな感じでした。(後ほどその瞬間の動画あり)

画面左上のロケットのイラストのサイトはダウンしてしまい表示されていません。
パネルのカウントダウンのサイトは動いていました。

あとはブロックエクスプローラーのblockchain.infoとchainFlyerとsoChainです。

41万9999ブロックができて、あとは42万ブロックが採掘されるのを待つばかりになりました。
採掘報酬が25BTCの最後のブロックは取引量「1」(採掘報酬を得るcoinbaseの分だけ)で、送金手数料をもらわず取引をのせていません。
(追記:このようなempty blockは偶然発生するものだそうです)

いよいよ42万ブロックが採掘された時の私のデスクトップです。
ロケットのサイトはギリギリで復活。

表示が早かったのはblockchain.infoです。chainFlyerはアニメーションするためにタイムラグがありました。
(この時、blockchain.infoは採掘手数料が16.66BTCで表示されるバグがありましたが、すぐに12.5BTCに修正されました。サイト側のバグでありビットコインは正しく動いていることはみんな確信していたと思います。)

前後の様子を動画にまとめましたのでご覧ください(パソコンで全画面表示がおすすめ)


ビットコイン半減期の瞬間 Happy Bitcoin Halving! screen record – YouTube

なお、この日は都内某所で半減期パーティーも行われていました。私も途中まで参加していました。

興奮の模様は参加者のFacebookなどで公開されています。
1:46 半減期達成!!!

どうだ!リア充っぽいでしょー

都内だけでなく普段は海外在住のビットコイナーも集まり、大変な盛り上がりになりました。
女性陣は外見は華やかなセクシー美女でもちゃんとビットコインのことを理解している起業家やビジネスウーマンたちですので、おしゃべりも楽しかったです。

あと、こんなの発見しました。充分に計画されたネタ取引(アドレスの先頭の文字列を指定した計算により準備されたもの)

次回の半減期は4年後、2020年東京オリンピックの少し前です。その時また楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

この記事はお役に立ちましたでしょうか?
▼投げ銭をいただくとSHUMAIコインをお返しする寄付ボタンを実験中(手動です)
Donate with IndieSquare