ハードウェアウォレットTREZOR(トレザー)を買ったら必ずしておきたいこと

安全にビットコインを保管できるハードウェアウォレットはビットコイナーのマストアイテムです。
TREZORがAmazonでも買えるようになるなど、普及の兆しを見せています。

お財布はブランドのお財布で何万円もかけている人でも、ビットコインを粗末にしている方もいるのではないでしょうか。

よくわからない外国の取引所に大量に置きっ放しとか絶対にダメです。
自分自身が管理するウォレットの中にないビットコインは自分のものにならない可能性があります。
これは国内の取引所でも同じです。

また、ビットコインは暗号でできているので秘密鍵そのものや復元パスフレーズを盗まれたり流出したりしたら、全額を犯人のアドレスに送金されてしまい空っぽになる危険性もあります。

今はまだあまり被害を聞きませんが、コンピューターウイルスやマルウェアに感染して盗まれてしまう可能性だってあります。

ただの文字列データが何十万円何百万円になるとしたら、ビットコインが普及したら悪い人は全力で狙ってくるでしょう。銀行のオンラインバンキングのパスワードを盗むよりも効率が良いかもしれません。

ハードウェアウォレットは本体内に秘密鍵がしまわれており、使用する際の暗証番号も本体画面に表示されたものをパソコン側で入力するため、キーロガーなどが盗み取ることができないようになっています。

TREZORは普段は暗証番号の入力で使えるようになり、いざという時のバックアップは24単語(設定で単語数は変えられます)のリカバリーシードをメモすることで行います。

USB接続で動くのでバッテリーの充電の必要はありません。USBから外すと何も動作しなくなります。

リカバリー手順を確認しよう

このハードウェアウォレットですが、購入したら必ずリカバリーの手順確認をすべきと思います。
というのも、TREZORのリカバリシードの単語は紛らわしいものがあり、雑なメモだと後から復元ができなくなるからです。

「Wipe」でTREZORのメモリーをクリアにして、パソコンから取り外す時に「Forget」を選択すると、真っさらなところからの復元ができるようになります。

私は手書きメモが雑で「WIDE」と「WIRE」を間違えており復元できなくなるところでした。
まだビットコインをちょっぽりしか入れておらず、そんなに焦りませんでしたが、24単語を途中でミスってもその場では教えてもらえずに最後まで入力したうえで最初からやりなおしなのでかなり面倒くさいです。

自分は字が汚いという自覚がある人は、単語の横に日本語も書いておくと良いと思います。
「WIDE ワイド」「WIRE ワイヤー」だったら間違えません。

とにかく自力でリカバリーできるようになっておくことが最初の一歩です。
自信を持って使い続けられるように、手順を確認しておきたいものです。

また、自分に突然の不幸があった場合に家族が取り出せるようにしておく必要がある方もいるかもしれません。

ハードウェアウォレットを早いうちに入手して使ってみるのは良い勉強にもなると思います。

【追記】不正なChrome拡張には普段から注意しましょう。ビットコインはその性質上、世界中から狙われる危険性があります。
HTTP Headers という 5万人が使っている Chrome 拡張のマルウェア疑惑。セッション盗まれて BTC も盗まれそうになった話。 – clock-up-blog
TREZORのように読み取れない外部装置を使うことはセキュリティUPに有効だと思います。

▼TREZORがAmazonでも買えるようになりました!

なお、コインギフトから購入すると画面キャプチャや写真入りで分かりやすいオリジナル日本語ガイドが付属します(手順部分はしゅうまいが作成協力しました!)
文字だけの説明書では不安、ハードウェアウォレットに不慣れで最初にやるべきことが分からない、という方はこちらでお求めください

▼安心の写真入り日本語スタートガイド付き!

▼ビットコインやモナコインで購入する場合はこちら
ハードウェアウォレット「TREZOR」 – コインギフト

▼TREZORをスワロフスキーでデコりたい方はTokyo Fafaさんまで
Tokyo FafaはあなたのTREZORをスワロフスキーアートでカスタマイズ

【追記】カンファレンスなどで無料のハードウェアウォレットにトロイの木馬(マルウェア)を仕込ませて配布しているケースがあるそうです。出所が分からないものを使ってはいけません!!正規品を買い求めましょう。

左のTREZORは安心だが、右のものにはトロイの木馬が。カンファレンスで無料ハードを受け取らないように!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう