ビットコインの著作権フリー無料素材画像でアイキャッチを作成しよう

ビットコイン関連のブログを書いたりSNSに投稿する際にアイキャッチ画像があると便利で目をひきます。自分ではグラフィックデザインができない人でも簡単に画像が作れる素材をご紹介します。末尾に幾つか自由にご利用いただける画像ファイルも用意しました。

ビットコインのかっこいい写真や画像はshutterstockなどの有料ストックフォトには多数あるのですが、私は個人ブロガーなのでいちいち購入してたら赤字です。

というわけで、自分でアイキャッチ画像を作る時に利用しているものをご紹介します。

なお、ご利用の際はリンク先にある画像ファイルを自分で「ダウンロード」してお使いください。
まちがっても直リンクしないように!

ロゴマーク

まずは、ロゴマーク部分です。

以下が使いやすく便利だと思います。
いずれもWikipediaのWikimedia Commonsというファイル共有サービスにアップロードされているので、無くなったり消えたりしづらいでしょう。

以下の表示はサイズを小さくしていますがリンク先では大きなサイズのものが入手できます。

よく見かけるオレンジ色に白地の丸いロゴマークです。

入手:File:Bitcoin.svg – Wikimedia Commons

上記に「bitcoin」の文字が付いたものです(これもよく見かけます)


入手:File:Bitcoin logo.svg – Wikimedia Commons

ゴールドカラーのロゴマークです


入手:File:Bitcoin.png – Wikimedia Commons

これらの元ネタはbitcointalk.orgという掲示板にアップロードされていたものです。

こちらのスレッド↓にはほかのロゴマークもありパブリックドメインのため自由に利用ができます。
Bitcoin Graphics in Vector Format (Illustrator)
この掲示板では画像ファイルが既に消えている投稿もあるので、必要な方はダウンロードしておいてください。

ビットコインに公式ロゴマークは無いと思います。
誰かが掲示板に公開した人気があるロゴマークが使われ続けている感じです。
なので、少しバランスが違っていて偽物くさいロゴマークも別に偽物ではなく有志が作ったものです。

写真・CGの素材

こちらはロゴマークと何かを合成するのが面倒くさいのでそのまま使いたい方向けです。
元サイズのファイルはリンク先で入手してください。

freeimages.comにある写真です


, 写真ファイル, #1056983 – FreeImages.com

Pixabayにあるグラフィックです


無償のイラストレーション: Bitcoin, お金, 現金, バーター, 売り上げ高, 通貨 – Pixabayの無料画像 – 224233

アイキャッチ画像の作例

冒頭のロゴマークと何かフリー素材(加工OKであるもの)を合成するだけで、それっぽい画像ができあがります。
こちらの私が合成して作った画像はダウンロードしてお使いいただいてOKです。作者名表示も要りません(元画像もCC0なので大丈夫です)

ブログやKataribeのアイキャッチとかにしてください。
(ブラウザの右クリックや長押しでいったん保存してから使い、club.shumai.infoのURLからの直リンクだけはしないようにお願いします!)


元画像:無料の写真: ドレスデン, ゼンパー オペラ ハウス, 歴史的に, 夜です, 建物 – Pixabayの無料画像 – 749683


元画像:無償のイラストレーション: 市, 超高層ビル, クロック, 地球, 水, 空軍, 宇宙, 高層ビル – Pixabayの無料画像 – 628648


元画像:無料の写真: 星, 歩道, 回転, 地球, 宇宙, コスモス, 泊, グロー, 磨き – Pixabayの無料画像 – 731493


元画像:無償のイラストレーション: コード, 技術, ソフトウェア, インターネット, Web – Pixabayの無料画像 – 459070

お役に立ったら投げ銭していただけると第2弾を作るかもしれません。
(といってもフリー素材を合成しているだけですが…)

なお、ご自分でイラストが描けたりグラフィックが作れる方は、ビットコイン画像素材は不足しておりますので、ご提供いただけると人気が出ると思います。

あわせてどうぞ
ブログ文中にビットコインの通貨記号マークを簡単に入れる方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

この記事はお役に立ちましたでしょうか?
▼投げ銭をいただくとSHUMAIコインをお返しする寄付ボタンを実験中(手動です)
Donate with IndieSquare